石川温泉街紹介 前編 

石川県には伝統的な温泉街がたくさんあることを、あまり知られていません。

今回はたくさんある温泉の中から7つを選んでご紹介します。

  • 加賀山代温泉

明治期の総湯を再現した「古総湯」があり、その周りは「湯の曲輪(がわ)」と呼ばれ、今も昔ながらの雰囲気を残しています。商店街にはカフェ、雑貨屋、バー、食事処などあり、古総湯周辺は夜はライトアップされるので温泉だけでなく、見どころは多いです。

オススメ旅館:ゆのくに天祥 公式サイトhttps://tensyo.yunokuni.jp/

  • 山中温泉

総ひのき造りの「こおろぎ橋」。美しい渓谷の「鶴仙渓」、 細長く奇岩が連なる「采石巌」、にS字型のユニークな「あやとりはし」。観光スポットはたくさんあります。観光だけでなくカフェ、お土産店、食事処と見所はたくさん!

オススメカフェ:東山ボヌール 公式サイトhttps://higashiyama-bonheur.jimdofree.com/

  • 粟津温泉

開湯約1300年という一番古い歴史を持つ。加賀地方では、共同浴場のことを「総湯」といい、基本的にどこの温泉街でも「総湯」があり、日帰りでも入れます(基本的にシャンプーなどは置いていません)。

オススメ旅館:法師 公式サイトhttps://www.ho-shi.co.jp/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中