どこに行こうか迷ったら、とりあえず世界遺産に行ってみる  日本の世界遺産5選

どこに行こうか決まっていないとき、世界に誇る日本の世界遺産から行き先を探すのはどうでしょうか。今回は日本の世界遺産からおすすめのスポットを紹介します。

 

紀伊山地の霊場と参詣道(和歌山県・奈良県・三重)

Please do not use my photos show people for commercial useによるPixabayからの画像

和歌山、奈良、三重の3県にまたがる紀伊山地は、古くから自然崇拝に根ざした清仏の霊場として知られています。世界遺産に登録されたのは、「吉野・大峯」「熊野三山」「高野山」と呼ばれる霊場とそこへ至る参詣道。金峯山寺(奈良県)、熊野本宮大社(和歌山県)、高野山奥之院(和歌山県)など見どころは多数あります。
◆2004年登録/文化遺産

厳島神社(広島県) 

StockSnapによるPixabayからの画像

瀬戸内海に浮かぶこの小さな島にある厳島神社は、日本のみならず世界中から観光客が集まる人気観光地です。寝殿造りの技を極めた雅な社殿群もさることながら、特に印象的なのが海上に建てられた高さ16mの大鳥居。写真では伝わらない現地に行った感動は大きいです。絶景の景色と違い、荘厳な建物は天候に左右されず感動を味わえます。1400年の歴史があるパワーポイントです。
◆1996年登録/文化遺産

白川郷・五箇山の合掌造り集落(岐阜県・富山県)

Jordy MeowによるPixabayからの画像

日本の原風景がそのまま広がっているような白川郷・五箇山集落。合掌造りと呼ばれる切妻構造のかやぶき屋根の家屋が特徴的です。五箇山から庄川の沿って下れば庄川狭の絶景が現れます。一般には岐阜県にある白川郷がよく知られていますが、規模の小さい富山県の五箇山は観光客の姿も少なく、のんびりとした雰囲気。
◆1995年登録/文化遺

屋久島(鹿児島県)

白神山地とともに日本で初めて自然遺産に登録された屋久島。樹齢数千年の屋久杉をはじめ、多くの固有種を含む豊かな生物相を有し、さらに特異な生態系と美しい自然景観を持っています。片道約5~6時間かけてたどり着く縄文杉は、畏怖の念すら感じさせます。
◆1993年登録/自然遺産

ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-(東京都ほか)         2016年に登録された最新の世界遺産が、フランスを拠点に活躍した近代建築の巨匠、ル・コルビュジエが手掛けた建築作品群です。珍しい点は、7か国に残る17の建築群が構成資産になっており、大陸をまたぐ初の世界遺産になっているところです。日本では東京・上野の国立西洋美術館が構成資産のひとつとなっています。
◆2016年登録/文化遺産

まだ世界遺産ではない(候補)ですが、  オススメ観光地

 金を中心とする佐渡鉱山の遺産群

「世界の果てまで行ってQ」で紹介されラピュタのようだと話題になりました。

文化遺産候補 2010年11月記載

 

 

日本各地の世界遺産一覧(令和元年7月現在 合計23件)

  • (1)法隆寺地域の仏教建造物(奈良県)(平成5年記載)
  • (2)姫路城(兵庫県)(平成5年記載)
  • (3)屋久島(鹿児島県)(平成5年記載)
  • (4)白神山地(青森県、秋田県)(平成5年記載)
  • (5)古都京都の文化財(京都府、滋賀県)(平成6年記載)
  • (6)白川郷・五箇山の合掌造り集落(岐阜県、富山県)(平成7年記載)
  • (7)原爆ドーム(広島県)(平成8年記載)
  • (8)厳島神社(広島県)(平成8年記載)
  • (9)古都奈良の文化財(奈良県)(平成10年記載)
  • (10)日光の社寺(栃木県)(平成11年記載)
  • (11)琉球王国のグスク及び関連遺産群(沖縄県)(平成12年記載)
  • (12)紀伊山地の霊場と参詣道(三重県、奈良県、和歌山県)(平成16年記載)
  • (13)知床(北海道)(平成17年記載)
  • (14)石見銀山遺跡とその文化的景観(島根県)(平成19年記載)
  • (15)小笠原諸島(東京都)(平成23年記載)
  • (16)平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群(岩手県)(平成23年記載)
  • (17)富士山-信仰の対象と芸術の源泉(静岡県、山梨県)(平成25年記載)
  • (18)富岡製糸場と絹産業遺産群(群馬県)(平成26年記載)
  • (19)明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業(岩手県、静岡県、山口県、福岡県、熊本県、佐賀県、長崎県、鹿児島県)(平成27年記載)
  • (20)国立西洋美術館本館(東京都)(平成28年記載)
    (注)7か国(日本、フランス、アルゼンチン、ベルギー、ドイツ、インド、スイス)にまたがる「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」の構成資産の一つ。
  • (21)「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群(福岡県)(平成29年記載)
  • (22)長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産(平成30年記載)
  • (23)百舌鳥・古市古墳群(令和元年記載)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中