大自然を満喫!旅行プラン【栃木・日光】

旅行プラン

1.JR・東武日光駅

↓ バスで約50分

2.華厳の滝

↓ バスで約15分

3.戦場ヶ原

↓ バスで約15分

4.日光湯元温泉

出発はJR

1.

スタートはJR・東武日光駅

 

2.華厳ノ滝(けごんのたき)

日本三大名瀑の一つにも数えられている高さ97mの大瀑布

日光には四十八滝といわれるくらい滝が多い日光周辺で、最も有名とも言えるのが華厳ノ滝。中禅寺湖の水が、高さ97メートルの岸壁を一気に落下する壮大な滝です。

3.戦場ヶ原(せんじょうがはら)

奥日光に広がる日本有数の湿原

この地が中禅寺湖をめぐって男体山の神と赤城山の神が争った「戦場」だった、という神話が名前の由来といわれる戦場ヶ原。かつて湖であったものが湿原化したもので、400ヘクタールの広大な面積を誇ります。湿原をぐるりと囲むように自然研究路が整備され、2時間ほどで歩けるハイキングコースもあります。

4.日光湯元温泉(にっこうゆもとおんせん)

戦場ヶ原の奥にある、硫黄泉が豊かに湧き出る静かな温泉街

戦場ヶ原の奥にあり、湯川の水源となる湯ノ湖。その北岸に開けた静かな温泉街が湯元温泉です。

湯ノ湖畔に約23軒のホテル・旅館があり、同じ日光市内にある鬼怒川温泉のような歓楽色は全くない。湯には湯の花が浮かび、温泉街には温泉地ならではの硫黄臭が漂う。温泉街の中央には足湯があり、無料で利用できる。ところどころに廃業した旅館が残っている。源泉地は温泉街のはずれの湯ノ平湿原にある。各源泉は屋根によって保護されている。ここの源泉は日光湯元の各旅館への配湯だけでなく、近くの光徳温泉や遠く離れた中禅寺温泉まで分湯されている。

wikipedia内『日光湯元温泉』より引用

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中