メデューサの頭部が眠る地下宮殿【トルコ・イスタンブール】

地下宮殿、メデューサ、この言葉の響きだけで想像が膨らむ。今回はイスタンブールの人気スポット地下宮殿「バシリカ・シスタン 」について。

David Sutherland/Corbis ©

地下宮殿「バシリカ・シスタン 」
貯水槽は長さ138m・幅65mの長方形の空間で、高さ9m、1列12本で28列、合計336本の大理石円柱を備え、それぞれが煉瓦造の交差ヴォールトを支える。これによって78,000m3の水を貯えることができる。

内部はライトアップされ、神秘的で静寂な雰囲気が漂います。まるで地下都市を探検しているかのよう。無数に立ち並ぶ大理石の柱を抜けると宮殿の一番奥にはメドゥーサの顔が2体横たわっています。

この貯水池は、ジェームズ・ボンドの映画『007 ロシアより愛をこめて』の撮影場所として使われた。

ISTANBUL – MAY 25, 2013: Inside the Basilica Cistern. It is the largest of several hundred ancient cisterns that lie beneath the city of Istanbul (formerly Constantinople).

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中