天使が舞い降りる散歩道 エンジェルロード 【香川】

恋人たちの聖地」と呼ばれる人気観光スポットが香川・小豆島市あります。エンジェルロードは、小豆島と沖合の余島(よしま)をつなぐ道。潮の満ち引きによって、海の中から現れたり消えたりする砂の道で、引き潮のときは余島まで道が繋がり、歩いて渡ることができます。エンジェルロードの別名は、“天使の散歩道”。「大切な人と手をつないで渡ると、2人の間に天使が舞い降り、願いを叶えてくれる」というロマンティックな言い伝えがあるのです。しかし、人気スポットであるがゆえに、日中は「恋人たちの聖地」というような厳かな雰囲気はありません。なのでオススメは、早朝か、日没後のマジックタイム。エンジェルロードが現れるのは1日2回の引き潮の時間帯で、通常は干潮の前後2~3時間程度。そのためほとんどの日で朝か夕方のどこかで目にすることができ、タイミングが合えば朝と夕方、両方楽しむこともできます。
エンジェルロードを歩いて渡るのは道幅が広い干潮の前後がいいのですが、一番美しく見えるのは道幅が細くなってからなので、干潮から2時間ほど前か後がオススメです。

できれば島内に宿泊すると人気の少ない時間帯を狙えます。

 

小豆島国際ホテル

小豆島国際ホテルの客室は全て、美しい瀬戸内海を望むことのできるオーシャンビュー。
窓からは瀬戸内の多島美に四国屋島の雄大な姿、そして恋人の聖地「エンジェルロード」がまるで額に飾られた名画のようにご覧いただけます。

「エンジェルカフェ」は潮風を感じながらエンジェルロードを一望できるカフェ。建築家・安部良氏がプロデュースしたシーサイドテラスのオープンカフェでは瀬戸内のレモンを使用したドリンクをはじめ軽食も楽しめます。

チェックインしてから夕暮れまでのひとときを、エンジェルロードを間近に眺めながらここでのんびりと過ごすのもおすすめです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中