メタセコイア並木道 【滋賀県】

滋賀県の高島市にある「メタセコイア並木道」です。約2.5kmに渡って500本ものメタセコイアの木が植えられている並木道で、関西屈指の人気のドライブスポットです。春夏には新緑の鮮やかな緑、秋には燃えるようなオレンジ色、そして雪の降る冬には真っ白に雪化粧した景色を楽しめます。枝という枝に雪が降り積もり、一直線に延びる道路両脇のメタセコイヤ並木の雪景色は圧巻の一言。まるで木々が作る回廊のようです。

マキノ高原へのアプローチ道として、約2.4km(約500本)に渡り植えられ、野坂山地の山々と調和し、高原らしい景観を形成している、メタセコイア並木。1981年に学童農園「マキノ土に学ぶ里」整備事業として、滋賀県高島市マキノ町果樹生産組合によって植樹されました。四季折々の美しさから、沢山の観光客が訪れ、写真を撮る人々を魅了しています。「日本紅葉の名所100選」に選ばれており、すぐ近くの観光農業公園「マキノピックランド」では、紅葉の見頃となる11月下旬ー12月上旬に「メタセコイア並木紅葉まつり」を開催しています。「マキノピックランド」には特産物の販売やレストランカフェもあり、周辺見学の基点としておススメです。平日の早朝は、特に快適に見学する事が出来ます

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中