「ウィルソン株」鹿児島, 屋久島

© Mitsushi Okada/Getty Images

鹿児島沖合に浮かぶ屋久島には、樹齢1000年を超える屋久杉が自生していますが、島に残された巨大な切り株、ウィルソン株は、16世紀に豊臣秀吉の命令によって切られたものだと言われています…

空洞になったこの切り株の内部は、人が入れるほどの大きさですが、中から外を見上げるとハート型にみえることから、恋愛成就のパワースポットとしても知られています。なんでも、この切り株の写真を携帯の待ち受けにすると恋が実るのだとか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中