「月の博物館」イギリス, リバプール

© Christopher Furlong/Getty Image

「月の博物館」イギリス, リバプール

07月20日は「月面着陸の日」。1969年のこの日、アポロ11号が月面の「静かの海」に到着し、人類が初めて月面に降り立ちました。今年は50周年にあたります。それまで未知だった月の全容が明らかになり、人類にとってとても身近な天体となりました…

教会の中空に浮かぶ巨大な月。これはイギリスのアーティスト、ルーク・ジェラムの作品「月の博物館」です。NASAの月周回衛星、ルナー・リコネサンス・オービターが撮影した高解像度写真を使い、月の50万分の1のサイズで作られました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中