「シャウエンの青い壁」モロッコ

© Tatsuya Ohinata/Getty Image

ここはモロッコ北部のシャウエン。青く染められた街並みで世界的に有名な観光地です。15世紀から続くこの街が青くなったのは、1930年のこと。当時、この街にはユダヤ人が多く暮らしていましたが、青色がユダヤ教で神聖な色であったことから、街全体が青く塗られたといわれています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中