「ガラホナイ国立公園」スペイン, カナリア諸島

© Martin Siepmann/Westend61/offset by shutterstoc

スペインの世界遺産. 「ガラホナイ国立公園」スペイン, カナリア諸島

大西洋に浮かぶスペイン領カナリア諸島には世界遺産が2つもありますが、ガラホナイ国立公園はその1つ。ラ・ゴメラ島の最高峰、ガラホナイ峰を取り囲むように広がるこの自然公園には、常緑の月桂樹による原生林が生い茂っています…

大西洋の貿易風とアフリカからの熱せられた大気がぶつかり、島はその湿気による霧で覆われています。標高1000メートルもの高さに位置する森は、充満する湿度を吸いこむため「スポンジ・フォレスト」とも呼ばれます。霧に包まれた太古の照葉樹林を歩くと、この島が「魔法の島」と言われる理由もわかるかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中