「 アグン山」インドネシア, バリ

© Jon Arnold/Danita Delimon

バリ島の聖なる山. 「 アグン山」インドネシア, バリ

アグン山は、バリ島の最高峰。標高3014 メートルにもなる成層火山です。その名前も「最高」を意味し、古くから聖なる山として崇められてきました。地元の信仰では火の神の住まいとされ、周囲にはバリ・ヒンズー寺院が点在しています…

富士山のように美しい山ですが、1963年から1964年にかけて20世紀最大規模の噴火を起こし、1000名の死者を出しました。今世紀も、2017年から2018年にかけて大噴火が起こり、その影響で当時、空港が閉鎖されました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中