「アンコールワット」カンボジア, シェムリアップ州

© Sergio Diaz/Getty Image

「アンコールワット」カンボジア, シェムリアップ州

カンボジアの遺跡、アンコールワットは、春分と秋分の時期に、中央祠堂の背後から朝日が昇ることで知られています…

アンコールワットは、世界遺産であるアンコール遺跡の中心地。12世紀におよそ30年を費やして作られた巨大寺院です。西に向かって建てられているため、毎朝の朝日が背後から寺院を照らし、まるで後光のように輝きます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中